ニキビの原因


ニキビの原因を知り、ケアに活かそう

 

顔にポツンとできた赤いニキビ。
お化粧をするときに鏡で自分の顔を見ると凄く不快な気持ちになってしまいます。
突然できるから嫌・・・と思っている人も多いですが、実はニキビができるまでは過程があり様々な原因があるのです。

 

・お手入れの怠慢

 

仕事が忙しかったり疲れていたりするとついつい化粧落としもおろそかになってしまいます。
1日だけだったらいいかな・・・という甘い考えが毛穴に汚れをどんどん溜めてしまうのです。

 

・食生活の欧米化

 

食生活を非常に関係があり、特に油ものをたくさん食べると肌も脂っぽくなってしまいます。
この結果、皮脂分泌が過剰になってしまい発生しやすくなってしまいます。

 

・睡眠時間の減少

 

肌のターンオーバーを正常に行う為には睡眠は必要不可欠です。
ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の機能を回復させることができずにどんどん肌荒れを起してしまいます。
これによって、徐々にニキビができやすい肌になってしまうのです。

 

・過剰なストレス

 

現代社会ではストレスを感じない日はないといわれています。
しかし、これが原因の1つになっているのです。
イライラすることで自律神経が乱れてしまって、肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。
毎日同じ生活をしているのに・・・なんで?と原因がわからない人は、数か月前の自分の生活や心の状態を再確認してみてください。
思い当たる原因を追究することができるかもしれません。

 

発生する多くの場合、短期間ではなく長期的に色々な要因が溜まることによって発生してしまうのです。
その為、突然できたのではなく過去に何か原因となっていることが必ずあるので、きちんと対処していくように生活の見直しをしなければ、いつまでも同じ状態が続いてしまいます。

 

もしニキビができた場合には、触ったりするとばい菌がついてしまい悪化するので、きちんと手入れをすることが大切です。
そのまま治るまで放置をしておくと、もっと悪化してしまう可能性もあります。
お手入れの方法としてはできるだけ毛穴を開かせて汚れを出しやすくする為に、蒸しタオルなどを使って綺麗にするといいでしょう。
他にも、食生活のバランスの見直しをする事や、化粧の落とし忘れも注意しなければいけません。

 

間違ったニキビケア方法でお手入れをしてしまうと、また同じことの繰り返しになったり悪化していく一方です。
ですので、正しいスキンケア方法を身に着ける事も改善方法の1つになってきます。
肌トラブルは悩みやストレスになることもあるので、悪循環にならないように心がけましょう。