ニキビの種類


ニキビの種類をチェック

 

一般的に顔にできた吹き出物をニキビと言います。
ニキビはでき始めたときから完治するまで様々な種類に分けられるのです。
この種類によってお手入れの方法が違ってくるので、実際の種類と症状を把握することがポイントになってきます。

 

一番最初にでき始めた頃は白っぽくなっていることが多いです。
これは、毛穴に汚れが溜まった初期の状態です。
見た目からして少し気になってくるという程度なので、あまり気にしないという人が多くなっています。
しかし、これが初期段階の状況ですので、きちんとお手入れを行う必要があります。
丁寧に洗顔をして肌を清潔にしておくことによって、これ以上悪化させることを防止することができます。

 

そして白くなった後に黒くなります。
これは、毛穴が全開に開いて黒くポツポツした感じになります。
多くの人はこの状態でニキビと判断をします。
毛穴の汚れは一番の原因になってくるので、綺麗にする必要があります。

 

白と黒の状態が悪化をして炎症すると、怒っているような赤くなります。
これは、毛穴に汚れが詰まってしまって炎症をしているです。
こうなってしまうとケア方法も本格化してきます。
完治したあとにも跡として残る可能性が高いので注意をしてほしいと思います。

 

炎症よりもさらに酷くなると化膿してしまい黄色くなってしまいます。
これは最終的な状態で、膿んでいる部分を無理やり破ってしまうとクレーターのような凸凹な感じになってしまいます。
ですので、最終段階のこの黄色くなったときには細心の注意が必要になってきます。

 

潰してしまうと他の場所に移転をしてまたできてしまうという悪循環を作り出してしまいます。
黄色い最終段階では決して破ることのないようにしてほしいと思います。

 

このように、顔にできものができたときには無理に解決しようとするのではなくまずは清潔にすることが大切になってきます。
不衛生な環境がどんどん症状を悪化させて取り返しのニキビ跡をつけてしまいます。

 

そして、食生活にも注意をしてほしいと思います。
油っぽい食べ物ばかりを食べていると、過剰に皮脂が分泌してしまう為状況を悪化させてしまうことになります。
最後まで綺麗ままに抑える為には、生活の見直しそしてスキンケア方法の見直しが大切になります。
常日頃から正しいスキンケア方法や規則正しい生活をすることで発生する頻度の少なくなってくるので、ニキビが発生したときだけではなく日常生活から注意をすることも重要なポイントになってきます。

 

完治するまでには様々な種類に変化をするので種類のよって正しい対応をするようにしましょう。